« 其の22 無意識の連絡通路 | トップページ | 長い間、、、。 »

2012年12月24日 (月)

其の24 と、思い込んだ、その先





「病気」は治るが、「病人」は治しがたい
と、名言がある。


「病気」は、治すというより
治ってしまうというものであるし、
生きる方向にベクトルが向いている限り
修復され、復元される。

医療のやっているコトは
治るものだ、という前提で
その施術法の構造が出来上がっている。

医者は、往々にして
感違いをするが、
他力の施法は、ごくごく限定的にしか
手助け出来てはいないのである。


「病気」は、治ってゆく、、、

どのような見当違いの施法を
受けたとしても、それを何らかの手がかりに
「良い方向」へと転換してゆく、、

「生きる方向」にベクトルを、、
羅針盤を調整するのである。


治療とは、本来身体力による治癒を
少々手助けしながら、
その変動に込められた身体の意志、とも
いうべき要求を読み取り、
本人の随意能力ともいえる、意識的な体力にも
その道筋を示すことなのである。

実は、このとき
この意識的な体力が
反発するケースがある、、、。




「病人」は何故。生まれるのか、、?
病んだ人々は何故、
頑固で融通の利かない硬張った心に変化してしまうのか、、


「病気」でなくとも、現代では
病んだ社会が、傲慢で狡猾な硬張った心を
持った人々を
多量に発生させているが、、。

なぜ、障害だらけで
真っ直ぐに自分の能力を発現させるに
妨げとなる状態を、状況を
改善することに、背こうとする
この反発が、心の中にはあるのだろう、、。




人の心は、
「と、思うように、、、」に、
向かっている。

理由は、はっきりしなくとも
「と、何となく思われる、、」
と云う方向に進んでしまうのである。

「と、思う、、」と云う漠たる空想は
なぜ、生まれたか本人にも分からないまま、
ふくらみ、根付き、、
知らぬ間に確信めいて
心の真ん中に建立されている、、。



脳科学者のアントニオ・ダマシオは
人の意識行動は、
as if」によって、振る舞われていると
指摘している。

as if」…あたかも、、であるかのように、、
振る舞いながら、
やがて、まさに、そうであるかのように、、
行動し、
と、思われる、、ことに沿って、
物事を振り分け、体系化してゆくのである。


このダマシオの「as if」
森鴎外の作品「かのように」に結び付けて
私の叔父さんが、自前のHPでエッセイを
連載している、、。

鴎外を持ち出すところが、叔父さんのセンスの良さを
感じさせるが、
「かのように」で鴎外は、人の模倣による“成りすまし”の
利点を意見しているように思える。

鴎外の時代の明治においては“成りすまし”とは、
異世界の文化を理解し、吸収するための
方便であった。

ある種、日本人の新らし物好きの血が
猛進させたところもあったであろうが、
模倣による学習は、初期の体得法であると
今では、広く知られ認知されてもいる、、。


模倣は恥、と感じる向きもあって
当時から相当の軋轢があったのだろう、、
それもひとつの見識ではあるが、
洪水のごとく流入する欧米の文化や様式に
抗って、“純”日本とも云うべきものを模索する
一群の勢力も台頭してきた中で、
模倣そのものをあるがまま、認めて
その価値を見出そうとした鴎外の「かのように」は、
非常に興味深いのである。


                ※叔父さんのブログ
                「脳の地図とかのように  NO101~106…」


ダマシオの「as if」ループは、
その根拠たる出処が明確でない気がするが、
「かのごとく」によって、
空想と行動が結びつけられているコトは、
人の感受性の動きを、つぶさに観察してゆけば
自ずから得られる回答なのである。




人が、不安定きわまりない自己を
「自分」として、存在させるには
自分を、このようなものとして、
規定しなければならないし、
そのようなものとして、成りきることで
自己が自我から“浮き彫り”されてくる、、。


「自己」が、「のようなもの」として
規定されると、にわかに
「ではないもの」の反力が生まれる。

「のようなもの」の中には、無意識のコンプレックスが
繋ぎ糸のように織り込まれているからである。

「ではないもの」への反力とは、
憧憬であり、願望でもあるので、
永遠にたどり着けない夢ともなり得るし、
実現しうるかぎりの夢とも成る。

けれど、そこにはある種、忍耐力が
必要なのだ。
許容力と忍耐力を養おうとしないかぎり、
「ではないもの」を、お手軽に
「自己」の外側からかき集めてくる
人々がいる、、

それは、装飾であり、化粧であり、
はがれやすい「自己」への張りぼて、なのである。

「余分」なそれは、
過剰さを呼び込み、習慣性を帯びて、
あまりに厚塗りのため
やがて「自己」がどこにあったのか
自分の姿が何だったのかさえ
見失うことになる、、。


病人の抜けだせない、、
脱ぐことのできない「依存」という飾りが
コレである。



「のごとく、思う」や「のようなもの」は
身体が、感覚した信号を
どのように脳にマーキングされたかによるのだが、、
野口整体では、おおむね
このあたりの構造を、椎側の連関(ループ)に
現れると指摘されている。

たとえば、内臓の異常は
三側(椎側の三つ分くらい外)や二側に変異を
呈するけれど、これらは、
内臓そのもの筋や神経の動きを
つかさどる自律神経系の停滞や失調を
如実に表わすものであるが、
それこそ、「か、のような」の無意識の空想に
関わる問題が絡み始めると、
とたん、一側(指一つ分外)の硬張りに
変異する。

一側は、頭の中にある汚滓である余分な彩飾の
裏にある「不安」「嫌悪」そのものを
ダイレクトに表現しているのである。


「かのごとく」も「かくあるように」も
「そのようなもの」も、すべて
不安でありながら、憧憬であり
嫌悪でありながら、希求である
実態のない靄のような実感、を
私たち、自己が
いかに使いこなすかを、試して
やまないのである、
実にその生を閉じるまで、、、、。


無意識と身体、
意識と無意識、、
身体と意識、
これらの関係は、絡み合いと表裏、
主導と突出、と
なかなかに多彩な綾なので、
また、何度か機会に応じて
論じてみたいと思う。


今宵はここまで、、、、









季よみ通信 ~白山サイド






続きの頁に、クリスマスの物語を
添付しました。
いっぷくの紅茶にでもどうぞ、、
     ↓




30人のキリストの話し



三十人のキリストが居て、ぞろぞろ
ゴルゴタの丘を、下ってきた。





今まではたった一人で、なかなか
手が回らなかったけど、
これだけ、揃ったなら
もう本のひと捻りさ、、。
と、一人のキリストが、言った。


そうだ。
ひと捻りどころか、半分は肘枕で
居眠りをしていれば、良いってものさ、、。
と、もう一人のキリストが言った。


まづ、
四方に、分かれていって
それぞれ、寄ったさきざきで、
人々を、改心させてゆこうじゃないか、、
と、一人のキリストが言った。


改心させるというのは、早道でないよ、、。
いっそ、キリストにしてしまえば
その彼を、また、別の土地に赴かせ、
人々を、キリストにする、、
そうすれば、より仕事がはやく仕上がると
いうものだろう、、。
と、もう一人のキリストが言った。


そうか、、。
皆がキリストになれば、
余分な寄り道をしなくて、すむね。
すると、我々は、
わざわざ、ここを離れて
何処かに行く必要が、あるだろうか、、
最初に出会った者を、キリストにしてしまえば
そのキリストが、次に会った者を
また、キリストにする、、。
そうすれば、まるで玉突きみたいに
この世界を、ものすごい速さで
キリストが埋めてゆくことだろう、、。
我々が、二本足で、よろよろ、歩いてゆくより
よほど、比較にならぬさ、、。
と、一人のキリストが言った。


全く、そうだ。
我々は、どうして、また
歩きだしたり、したんだろう、、。
と、もう一人のキリストが言った。




三十人のキリストは、
丘を少し、下ったところで、立ち止まり、
ぷうぷう、風の吹きすざぶところで
人々の、やって来るのを待った、、。
ところが、
半時、たっても、誰もやってこない、、。
獣さえ、通りかかる気配がなかった、、。




ここは、ちょっと
風が強すぎるね、、。
砂が舞って、人の姿も、はっきり見えない、
人々だって、きっと
我々が、此処に居ることを、気付かないで
通り過ぎてしまうだろう、、。
と、一人のキリストが言った。


そうだ、、。
我々は、此処に居るぞお、と
大声で、知らせてみたら、どうだろう、、
と、もう一人のキリストが言った。




そこで、三十人のキリストは
口に、手を当てて
思い切り、叫んだ。
ところが、その声は、風にあおられて
たくさんの砂粒と一緒に、
三十人のキリストの口の中へ、
吹き戻ってきて、しまった、、。




ぺ、ぺ、、
これでは、どうしようもない、、
も少し、先の、
風の当たらぬところに、
移ろうではないか、、。
と、一人のキリストが言った。


そうだ、、
我々は、どうして、また
こんなところに、立ち止まったりしたんだろう、、
と、もう一人のキリストが言った。




三十人のキリストは、
衣の裾を、バタバタ、させながら
風に、向かって、歩き出した。
やがて、
小さな街の一角に着くと、
いくつもの、石を組んで
積み上げられた、石壁の前に、立った。
すると、、
男の人が、一人、向こうから
街の中の、赤茶の街路を
歩いてきた。




これ、、男の人よ、
汝らは、我らを、何者と知るか、
我らの、遣わされたる、使命を知るか、、
我らが、来たる道を、知るか、、
汝の口を、今こそ、
永く、汝が裡に、眠りたる言葉が、
通り抜け、出でんとしている。
我らは、汝が、久しく
待ち望みたる、者である。
と、一人のキリストが呼びかけた。


これは、、
我らと、道を同じくし、
光を、同じくする者である、、、。
と、もう一人のキリストが言った。



お前さんたちは、いったい、何だね、、
ワシをどうしようと、いうのだね、、。
と、男の人は、いぶかしげに答えた。



汝は、まさに
選ばれし者、である、、
預言による、初めの人、と同じ者である。
と、一人のキリストが言った。


唱えよ、、
我が、裡に、光あり、、
我が、言葉に、光あり、、、
我れが、世界を、造るものなり、、、と。
と、もう一人のキリストが言った。



何だか、知らないが
ワシは、別に
何か、事を、なそうとか
何か、世を、興そうとか、、
そんな事には、少しも、興味がないんだ、、。
と、男の人は言った。



なんという、生気乏しき、者であろう、、
汝に、奇跡を与えよう、、。
さあ、、眠りたる、言葉よ、起き出でよ、、。
と、一人のキリストは言った。



ワシは、
奇跡なぞ、いらない、、
あんた達は、奇跡を起こせるのだろう、、
それなのに、何故、
ワシにまで、奇跡を、与えようというのか、、
と、男の人は言った。



汝は、奇跡を信じて、居らぬな、、
しかし、、そう、思うならば
山をも、動かし
海をも、開くのである、、。
と、もう一人のキリストが言った。



ワシは、こうして、居るのが
一番、なのだ。
山を、オコスのも、この手でする、、
海に、漕ぎ出すのも、この足でする、、
それほどの、力が、有るのなら
どうぞ、あんた達で、
その仕事を、やっておくれ、、
と、男の人は言った。




これでは、
埒が、あかない、、、、
この男の、心を、開くのは
万里の道を、亙るより、
長く、困難であろう、、
と、一人のキリストが言った。



あんた達は、
こうして、いちいち、
ワシのように、小さな、閉じた心にまで
相手をして、居るようであれば、
千年、経っても、
事は、成し遂げられないに、違いないぞ、、。
それより、今、一度に、
奇跡によって、世界を、変え成されや、、。
そうすれば、、、
ワシらも、ぼちぼち、後から、
追っついて、ゆくだろうさ、、。
と、男の人は言った。




うむ、、それも、一考だな、、。
これほど、緩慢な、心を、
ひと振るわせ、ヒビキ伝えるには、
まづ、世界を、いっぺんに
変えてしまった方が、
早道であるかも、しれない、、。
と、もう一人のキリストが言った。



そうともさ、、
そうするのが、賢明さ、、。
と、男の人は言って、
また、歩いて、いってしまった。




そこで、三十人のキリストは
横列に、ずらりと、並んで、
どんどんと、地を、踏み鳴らした、、。
こうすれば、
地が、変わると、思ったのである。

地に、光、降りて
地の、種は、宿れり、、。
と、一人のキリストが唱えた。



ところが、
黒い砂は、ざっと、舞い
赤茶の、道は、でこでこし、
土くれは、汚なく、
畑を、荒らすままであった。


そこで、三十人のキリストは、
丸く、輪をつくって、並ぶと
ぽんぽんと、空に向けて
手を、打ち合わせた、、。
こうすれば、
空が、変わると、思ったのである。




見よ、、
空の、極みの、穴より
無数の、天使は、出でて
その、清らな、透き通った
羽にて、くまなく、空のすみずみにまで、
はき清める、、。
と、もう一人のキリストが言った。



ところが、
雲は、黒く、這いなめ
風は、ぱきぱき、空を、掻き落として
ただ、いんいんと
静かに、鳴りつづけるばかりであった、、。



ああ、
この世は、これ以上、
変わりようがない、、、
すでに、天国、なのだ。
と、一人のキリストが言った。


やはり、変えるべきは、人ではないか、、
変わるものは、人の心、のみである、、。
と、もう一人のキリストが言った。



しばらくして、
一人の、少年が、
彼らの前を、通りかかった。
何か、大事そうに、抱えながら
急ぎ足で、行き過ぎようとしたが、
石に、躓くか
蔓草に、足を、とられるかして
すてん、と、転んでしまった、、。
少年は、飛び起きると、
あわてふためいて、辺りを、捜しはじめた。



少年よ、
何か、落としたのか、、
よほど、大事な、ものなのか、、
と、一人のキリストが言った。



ああ、、
おじさん達、、
僕は、いったい、どうすれば良いのだろう、、、
あんなに、大変な、難儀をして
手に、入れたのに、、
こんな処で、
まるで、ぽつんとした、小さな石に
けつまづいて、
僕は、大事な、大事な、
母さんの、命を、落としてしまった、、、。
と、少年は泣きながら言った。



母さんの、命だって、、
そんな、まるで、小さな粒のようなものが、
何で、人の魂などで、あるものか、、
と、もう一人のキリストが言った。



そうなんだ、、
ほんの小さな、種、なんだ、、。
けれど、その種を、家の前に、植えて、
十日したら、きっと、芽がふいてくる、、
それから、十日して、
大きな、緑の双葉が、なったら、
そのひとつを、摘む、、。
すると、そこに、小さな蕾が、結ばれて、
それが、
八日目に、黄色な花を、咲かせたら、
僕の、母さんは、きっと、助かるんだ、、
と、少年は言った。




そんな事は、きっと、
何処か、路傍の、山師にでも
たぶらかされたのだろう、、
当てにはならぬ、ケシ粒如き種などより、
我らが、行って、
汝が、母を、癒してやろう、、
と、一人のキリストが言った。



預言者こそ、当てになるものか、、
もう、何人の預言者や、医者に、
観てもらったか、しれないんだ、、
おじさん達が、何人、居ようと、
母さんを、救うのは、
あの種しか、ないんだ。
と、少年は言い放った。




そこで、三十人のキリストは、
仕方なく、
少年と、一緒に、
その小さな、種を、捜すことにした。
けれど、四つ這いに、地を、
まるで、嘗めるように、
辺りを、捜しても、
ついに、種は、見つからなかった、、。



ああ、撲は、どうしたら、良いんだ、、、
この僕が、自分の手で、
母さんを、摘み取って、しまったんだ、、、
と、少年は泣き叫んだ。



少年よ、泣くでない、
種は、見つからずとも
この世から、消え去って、しまった訳では、ない、、。
この台地の上、
何処かに、そっと、その種は、
いまだ、宿って、居るのだ。
と、もう一人のキリストが言った。


そうだ、
行って、母の傍らに、居てやるがよい、、
我らが、こうして、此処に
十日の間、じと、見張って居よう、、
やがて、その種は、
何処かに、芽を吹くに、違いない、、
それを、見つけて、汝の家に
きっと、届けて、あげよう、、
と、一人のキリストが言った。



そこで、
少年は、三十人のキリストと、約束を交わし、
帰っていった。



それから、十日の間、
三十人のキリストは、
夜も、眠らずに、小さな芽のふくのを
じと、待った、
十日目の、朝が来ると、
日が、昇るのも、待ちきれず
そこいらじゅうを、隈なく、
捜し始めた。
まるで、ごろごろ、石になったかのように
地を、這いまわったが、
それらしき芽は、見つからなかった、、
昼になって、
ぎらぎら、日が、照りつける下
頭を、ぼうぼう、焦がしながら、捜しても
芽は、見つからなかった。
夜になって、
三十人のキリストは、
身体を、まるで、枯れ茎の笛、みたいにして
ひょうひょう、鳴らしたが、
黄色な、花の芽は
ついに、見つからなかった、、



いや、まだ
あきらめられない、、
ほんの小さな、芽のことだ、
きっと、我らは、見落としてしまったに
違いない、
と、もう一人のキリストが言った。

それから、十日の間、
三十人のキリストは、
小さな芽から、双葉がなるのを
ぷうぷう、風の吹く中
額を、土に、擦りつけるようにして
探し、まわった、、
そのため、
半分くらいは、目が、見えなくなってしまった、、。

十日目の朝、
黒砂は、ざあざあと、
雨のように、降り
風は、がうがうと、吹き
とても、立っては居られない、有様であった。
三十人のキリストは、
いざりながら、手探りで
辺りを、捜したが、
昼も、夜も、つかぬ
長い、灰の一日は、
ほんの、一葉の、草の命さえ、容赦なく、
世界の、向こう側に
連れ去って、しまったかのようであった、、。
三十人のキリストは、落胆した。



もはや、
我が身は、疲れきり
藁屑の、ようだ、、
心は、空っぽで、
ただ、砂が、ざらざらと、鳴るばかり、、
我らは、何も、為しえない、、
と、一人のキリストが言った。



三十人のキリストは、
そのまま、まるで、死んだ者のように
うっぷせて、眠ってしまった、、、。

それから、八日、たって
その朝、
日が、うすい朱の幕を、わけて、
昇ってくると、
眠りこけた、一人のキリストの、足元に
ほんの小さな草が、一本、ぽつりと
生えていた、、
頭には、ひとつの蕾を、結んでいる、、、。


やがて、蕾は
朝日を、まるで、ひかりの汁のように
飲みほすと、
ぱ、と
小さな、黄色な、花を咲かせた、、
ちょうど、その時、
街の、暗い、石壁に囲われた
粗末な、一部屋から、
ひとつの、歓喜の、声があがった、、、。


少年の母は、救われたのである。


ほどなくして、
赤茶の、街路を、ひとりの少年が、
駆け去って、いった、、
前には、
丘が、ついと、緩やかに
迫り上がって、ゆく
街の端、、
ぷうぷうと、風が、吹きつける
灰の、低い石壁の、辺りには
けれど、
もはや、三十人のキリストの、姿は
みつけられなかった、、





花に、何の、力があったろう、、
それは、愛らしく、つつましく
咲くばかり、である、、
私に、何の、力があろう、
よし、その力が
天に、通づるもので、あろうとも
この世に、形を、なし得たろうか、、、
花も、また、その力に、通づるものである、
しかし、
その力が、力、たり得るのは、
まさに、人の心に、おいて、であった、、。


神の国は、
汝が、裡に、あり、、、

と、キリストは語った。





メリー・クリスマス!

「信」という名の使徒が、生まれたる日を祝う。







« 其の22 無意識の連絡通路 | トップページ | 長い間、、、。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1667616/48374009

この記事へのトラックバック一覧です: 其の24 と、思い込んだ、その先:

« 其の22 無意識の連絡通路 | トップページ | 長い間、、、。 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ